Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_odriztrimjg0yme3y

伝える技術を身につける
CSAグランドマスター
徳永一郎公式メルマガ

自分の意思を伝えるためには、倫理的で豊富な表現を使う必要があります。

周囲と同じ言葉を使い、議論に消極的なのでは、あなたの個性は発揮されません。他の大勢の意見に埋もれてしまいます。

際だった存在になるためには、言葉の感覚を磨く事が重要となります。説得力のある言葉を使えるようにしましょう。それがパブリックスピーキング(人前で話す)です。今の日本社会ではプレゼンテーションと呼ばれています。

でもパワポを作って、そこに書かれたセリフを話して終わりではありません。パワポなどを使わない、純粋な言葉によるプレゼンテーションをすることで初めて身につくスキルです。

その為には以下の過程が必要です。

①文章を書く際、他の人とは違う内容、視点、表現を取り入れる。

②必要な情報をもれなく含める

③文章の流れと表現に工夫をする

④原稿を作る

⑤聴衆の目を見ることができるように原稿は覚える

⑥ジェスチャーなどの非言語を用いて本番に臨む

この過程を可能にするのがShow and Tellという訓練法です。アメリカでは小学校から取り入れられており、その元となった学問がコミュニケーション学です。この訓練を通して、日常生活で使う言葉が変わります。

プレゼンテーションの基本であるShow and Tellでは、まず宝物について話します。自分が大切にしているものですので、伝えるべき情報はたくさんありますよね。だから伝えましょう。話したい欲求を存分に発揮しましょう。その後、宝物だけでなく、違う課題も提示されます。

ほんの数十秒のプレゼンテーションですが、これまでに体験したことのない緊張感と達成感があなたを待っています。

世界観が変わる瞬間を味わってみませんか?

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは徳永 一郎様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はtobiuonigitai0723@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile

徳永 一郎

Mission
日本人のコミュニケーションスキルを高めたい

元ホテルマン。現在は理学療法士の徳永一郎です。
社会人になると、先輩や上司、またその場の空気に合わせるがために、考えのすべてを表現できない場面に遭遇しますね。
私は、そんな場面でもしっかりとしたメッセージを伝えられるよう、コミュニケーション学としてのプレゼンテーションを学びました。
パワポに依存するのではなく、言葉で勝負するプレゼンテーションです。

相手や場所を問わず、自分の意見を堂々と伝える事ができる社会人を目指しませんか?
論理と語彙を学び相手を説得させ、空気を一変させる技術を身につけましょう!
私の講座では、みなさんにたくさんの意見を出していただき、活発な議論の時間を作ります。
新しい発見がいっぱいです。
どうぞよろしくお願いします!

Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.i 04
Powered by reservestock